日本CI協会はマクロビオティックの創始者桜沢如一によって創設された日本で最も歴史のあるマクロビオティックの普及団体です。

home クッキングスクール イベントのご案内 書籍紹介 ショップ・レストラン情報 リンク アクセス お問い合せ



■書籍紹介
■トピックス
■日本CI協会本
■桜沢如一の書籍

月刊マクロビオティック
食養生や料理レシピなど最新情報が満載です。

■最新号目次
■ご入会の案内
■図書館
■別冊シリーズ

マクロビオティックWeb

マクロビオティックWeb

マクロビオティック商品の商社オーサワ

マクロビオティック商品の商社オーサワ

リマネットショップ

 

Home書籍トップ桜沢如一の書籍シリーズ > 無双原理・易

桜沢如一の書籍シリーズ

無双原理・易

無双原理・易

 

無双原理・易

【難易度】 ★★★★★
桜沢如一著
1,500円+税
発行元:日本CI協会

今から70年以上も前に、1931(昭和6)年にパリにてフランス語で刊行、絶賛を浴びま した。それから5年後、日本語に翻訳され現代人にも読みやすい文章に編集されました。
「易」の思想を用いて食養を解説した本書は「食」と「健康」に興味のある人にとっては必読の、まさにバイブル的な一冊です。

リマネットショップ

 

本のソムリエから見た桜沢本!

昨年、一年間にわたって桜沢さんの本を紹介してきましたが、おそらく最も応用指数の高い一冊ではないでしょうか。無双原理を軸にして、科学、応用化学、医学、さらには政 治・経済・社会政策にまでテーマが広がっていきます。

正直、難しい印象を受けるかもしれませんが、逆に考えれば「マクロビオティックを学ぶことで、ここまで世界が広がるのか」と、実感できるのではないでしょうか。

とはいえ、マクロビオティックと科学と一体何の関係があるのだろう?そう思われる方もいらっしゃるかも知れません。しかし、桜沢さんから見ると科学も正食なのです。根源まで突き詰めると、分けて考えることはできないんだと思います。あの万能の天才、レオナルド・ダ・ヴィンチにも芸術と科学を分けて考えることはできなかったようです。著書『絵画論』の中で「芸術における科学的領域をあらかじめ充分に研究せずに芸術に夢中になる輩は、舵や羅針盤を持たずに海に出る船乗りにたとえられよう。それでは目的の港へ着くかどうかおぼつかないというものだ」と述べています。桜沢さんの正食に対する考え方と通じますし、何とも興味深いところです。

タイトルにもあるように、本書のカギは「易」です。一般的に易といえば、占いがすぐ頭に浮かぶかと思いますが、もちろん違います。でも、全く無関係かというと、そうで もなく、占い的なものすらも含めた大きなもの、と僕には見えます。

では、易とは何か?桜沢さん曰く「易はあらゆる思想と行動と技術に最高の審判を与える。しかも何よりも「易」しい転換の原理である」と言っています。

易を身につけて、自分がどう進化していくのか、是非本書から感じてみてください。

(月刊マクロビオティック2015年1月号「団長が紐解くG・Oの世界」より)

団長 団長/だんちょう
年間1,000冊以上の読書を楽しむ「本のソムリエ」として、ロックバンド「一里塚華劇団」のVo.& Guitar、ラジオDJ、作家等として世界30ヵ国で活躍中。
学校や図書館での読書講演や読み聞かせ、テレビや雑誌でのお勧め本紹介など、老若男女から幅広い人気を集める。
www.honsom.com
▼ 桜沢如一書籍シリーズ一覧へ戻る