日本CI協会はマクロビオティックの創始者桜沢如一によって創設された日本で最も歴史のあるマクロビオティックの普及団体です。

home クッキングスクール イベントのご案内 書籍紹介 ショップ・レストラン情報 リンク アクセス お問い合せ



■書籍紹介
■トピックス
■日本CI協会本
■桜沢如一の書籍

月刊マクロビオティック
食養生や料理レシピなど最新情報が満載です。

■最新号目次
■ご入会の案内
■図書館
■別冊シリーズ

マクロビオティックWeb

マクロビオティックWeb

マクロビオティック商品の商社オーサワ

マクロビオティック商品の商社オーサワ

リマネットショップ

 

Home書籍トップ桜沢如一の書籍シリーズ > 東洋医学の哲学

桜沢如一の書籍シリーズ

東洋医学の哲学

宇宙の秩序

 

東洋医学の哲学

【難易度】 ★★★☆☆
桜沢如一著
2,000円+税
発行元:日本CI協会

シュバイツアー博士をランヴァレーネの病院に訪ねた桜沢如一が、博士の理解を求めてフランス語で書いて献上したのが本書です。
現代人類の危機を打開し、万人の平和と自由と正義を得るためには、まず「東洋の医学」とその根底にある「無双原理」を宇宙の秩序、つまり世界憲章として採用することが急務、 と述べる最重要書です。

リマネットショップ

 

本のソムリエから見た桜沢本!

本書の原著は、「密林の聖者」といわれたシュバイツアー博士に向けて、フランス語で書かれていたものです。世界の平和や幸福、自由を実現するために、正食の原理と技術、宇宙の秩序を伝えるべく、誠心誠意試みた魂の一冊です。結局、博士を動かすことはできなかったようですが、その代わりに多くのフランス人の心を動かしました。そして今も尚、受け継がれています。

本書の魅力は、タイトルにあるように、その「哲学」にあります。フランス人は哲学を「人間として不可欠の教養」と考え、とても重視しています。書店や駅の売店には「philosophie」という哲学の月刊誌が並び、高校3年時には文系理系問わず、哲学が必修になります。それどころか、大学入試の試験科目としても採用され、合否を分ける重要なカギを握っています。

また、フランスにおいては、哲学的思考は、大人向けの本に限らず、児童書と呼ばれるものにも色濃く見え隠れします。あの世界的ベストセラー「星の王子さま」にも顕著です。

考えること。自分の言葉を持つこと。フランス人が何より大切にする人生哲学は、まさに桜沢さんが提唱している幸せ、自由への考え方とも大いに通じるところです。哲学の国・ フランスを前に、桜沢哲学が一層光っています。

本書では、カントを始めとする世界的に有名な西洋哲学に対して、その脆もろさを指摘し、東洋的なモノの見方を取り入れることの価値を伝えます。それだけでも、胸のすく思いが しますが、何より、桜沢さんの強い意志や人間愛に感動します。

無双原理を中心に、マクロビオティックには明確な哲学があることも、フランスや欧米諸国で受け入れられた理由なのかなと、本書で改めて感じました。桜沢さんの幅広い教養にも触れられ、実り多き読書を楽しめますよ!

(月刊マクロビオティック2014年6月号「団長が紐解くG・Oの世界」より)

団長 団長/だんちょう
年間1,000冊以上の読書を楽しむ「本のソムリエ」として、ロックバンド「一里塚華劇団」のVo.& Guitar、ラジオDJ、作家等として世界30ヵ国で活躍中。
学校や図書館での読書講演や読み聞かせ、テレビや雑誌でのお勧め本紹介など、老若男女から幅広い人気を集める。
www.honsom.com
▼ 桜沢如一書籍シリーズ一覧へ戻る