日本CI協会はマクロビオティックの創始者桜沢如一によって創設された日本で最も歴史のあるマクロビオティックの普及団体です。

home クッキングスクール イベントのご案内 書籍紹介 ショップ・レストラン情報 リンク アクセス お問い合せ

セミナー・講演会
定期健康講座
お申込み方法

スタートセミナー



月刊マクロビオティック
食養生や料理レシピなど最新情報が満載です。

■最新号目次
■ご入会の案内
■図書館



マクロビオティック商品の商社オーサワ

リマネットショップ

マクロビオティック医学シンポジウムを開催します!

第7回マクロビオティック医学シンポジウム

今回のシンポジウムではマクロビオティックでも用いる「手当て」にスポットを当て、手当てが自然治癒力を高める理由を考えます。 今回は、人と人がつながるケアの大切さを主張される日本赤十字看護大学名誉教授川嶋みどり先生をお迎えして、看護師歴63年の経験の中から、自然治癒力を高めた看護の実例や、本来の看護や手当てとは何か、お話いただきます。さらに、マクロビオティックの手当法、セルフケアのための内臓マッサージを紹介いたします。 今回は、自然治癒力を高めて健康な生活を過ごすためのシンポジウムです。

第7回マクロビオティック医学シンポジウム
いま見直したい医療の原点!
「自然治癒力を高める手当て」

【日時】
2014年11月16日(日)
開場:10:00/開会10:30

【参加費】
事前申込/会員:2,500円 一般:3,000円
当日/3,500円(会員・一般共通)
※玄米おむすび弁当つき
(当日参加の場合は、手配の都合、弁当はつきません)
【事前申込締切】11月10日(月) ※定員に達し次第、締め切り

【会場】
シダックスホール 2階  【アクセス】
東京都渋谷区神南1-12-13(渋谷駅より徒歩6分)

2012年5月の医学シンポ

INFOMATION

プログラム 会場地図
10:30〜11:00 【ご挨拶・講演】
『手当てと食養生』 勝又 靖彦
11:00〜12:30 【基調講演】
『TE-ARTE〜こころと身体を癒す手当て』川嶋 みどり
12:30〜13:10 休憩
13:10〜13:40 【講演】
『マクロビオティックの手当て法』
桜井 三恵子
13:40〜14:10 【講演】
『セルフケアのための内臓マッサージ』Yuki☆
14:10〜15:10 【公開トーク・質疑応答】
15:10〜15:15 【閉会の挨拶】

【詳細チラシはこちら】

map

基調講演『TE-ARTE 〜こころと身体を癒す手当て』 /公開トーク

川嶋 みどり

川嶋 みどり(かわしま みどり)
健和会臨床看護学研究所所長、日本赤十字看護大学名誉教授。1951年より63年間看護に携わる。今年5月、宮城県東松島市に「人と人との間をつなぐケア拠点「て・あーて東松島の家」を開設、さらに質の高い看護・介護ケアの提供者を育てる「東北て・あーて塾」を開校。「これまでの研究テーマ「生活行動援助による癒しの効果」「在宅高齢パーキンソン病患者への看護音楽療法」「看護師の手の有用性の研究」。1995年 第4回若月賞受賞、2007年 第41回フローレンス・ナイチンゲール記章受章(赤十字国際委員会)。看護の力(岩波新書)、看護の時代(日本看護協会出版会)、キラリ看護(医学書院)、看護を語ることの意味(看護の科学社) 触れる 癒やすあいだをつなぐ手(看護の科学社)、他、多数。長年、玄米食である。

講演『マクロビオティックの手当て法』 /公開トーク

桜井 三恵子

桜井 三恵子(さくらい みえこ)
家政学食物栄養学修士。リマ・クッキングスクール中級コース主任講師。 家族と共にアジア、ヨーロッパに駐在し、各国の風土と食文化に多くを学ぶ。 食物がもっている生命力、その特性を生かして、体質・体調の回復をうながすマクロ
ビオティック料理と手当て法の普及に努めている。著書に「素食レシピ120」(共著・マガジンハウス)、「マクロビオティック食養生大全」(共著・洋泉社)他、DVD「リマ・クッキングスクールの自然食」(TBSサービス)に出演。

講演『セルフケアのための内臓マッサージ』/公開トーク

Yuki☆

Yuki☆ (ユキ)
「自分の病は自分で治す」ことを目指し、インドやタイ、スリランカなど各地で伝統療法を学び、タイのチェンマイのチネイザンをベースに、マクロビオティック、ヨーガ、アロマテラピー、カウンセリング心理学、各種マッサージ、内観法などを融合させた内臓のセルフケア法セルフチネイザンを開発。 3,000人以上のお腹を触る経験を持つ。 自分癒しの方法を伝える寺子屋「たまよろ庵」主宰。 著書に、「一瞬でミラクル体質に変わる本」(大和出版)、「キレイを呼ぶ〜氣内臓マッサージ」(KADOKAWAメディアファクトリー)

講演『手当てと食養生』 /公開トーク
勝又 靖彦

勝又 靖彦(かつまた やすひこ)
1940年生まれ。1963年日本CI協会に入会。 桜沢如一先生にPUネーム(トーマ)を頂いた最後の弟子。 1973年より塩問題に取り組み、1998 〜 2003年鞄V塩の社長を務め、自然塩「赤穂の天塩」の全国普及に尽力。 2005年に日本CI協会の会長に就任。 統合医療学院理事。 母が開業医川嶋 みどり かわしま みどり基調講演『TE-ARTE 〜こころと身体を癒す手当て』 /公開トーク(兄が医師、妹が薬剤師)の家庭で育つが桜沢の「最高判断力」を知り大学を中退、マクロビオティック一筋の人生を歩む。 桜沢里真先生からお預かりした桜沢先生の資料を後世に伝えるため桜沢如一資料室を立ち上げ、活動中。



主催 : 日本CI協会
協賛:オーサワジャパン株式会社、株式会社リマコーポレーション

【お問い合わせ・お申し込み】
日本CI 協会 TEL 0120-306-193 / FAX 0120-306-293 まで

※ご入金確認後、11月5日頃より、ご入場ハガキを発送いたします。