日本CI協会はマクロビオティックの創始者桜沢如一によって創設された日本で最も歴史のあるマクロビオティックの普及団体です。

home クッキングスクール イベントのご案内 書籍紹介 ショップ・レストラン情報 リンク アクセス お問い合せ

活動と入会案内

■会長からのごあいさつ
■概要
■理念
■沿革
■『入会のご案内』
■マクロビオティックとは
・辞書で引くと・・・
・桜沢如一・桜沢里真
・コラム
■研修制度

スタートセミナー日程



健康・病院案内

■健康相談
■定期健康講座
■病院案内

月刊マクロビオティック
食養生や料理レシピなど最新情報が満載です。

■最新号目次
■ご入会の案内
■図書館

日本CI協会ブログ集
 

■公式ブログ
「マクロビオティック
発祥地からのメッセージ」

■スタッフツイッター


マクロビオティックWeb

マクロビオティックWeb

マクロビオティック商品の商社オーサワ

マクロビオティック商品の商社オーサワ

リマネットショップ

 

 

マクロビオティックとは・・・

マクロビオティック(英文 Macrobiotic)とは、長寿法を説くものであり、人と生き物と環境のバランスを保ちながら健康の根源を支えるものです。
ストレスの緩和と栄養のバランスを大切にし、正しい生活と食事から健康を維持し体質を改善します。

このマクロビオティックは日本CI協会の創設者である桜沢如一が1930年代以降に提唱した手法です。
手法については指導者間で若干の相違があり、時代とともに変化していきますが、基本の理念は変わりません。 以下は、日本CI協会として、「現代のマクロビオティック」の概念を説明したものです。

 

食事に関する原則

■食品の品質基準

食養で使用される食材には、次の品質基準が必要である

  1. 農産物は栽培の過程で、肥料は有機肥料に限定し、除草、殺菌、殺虫等いかなる理由でも農薬を使用していないものとする。収穫後の保存についても同様とする。
  2. 加工食品は製造の過程で、有害な添加物や抽出剤、化学調味料等を使用していないものとする。ただし、天然にがり等の無害な天然添加物は許容される。製造は圧搾法等の古式製法等によるものとする。

■食品の選択基準

『身土不二の原則
国内産を原則とし、例外的に輸入品を認める。
Post-Harvest(ポストハーベスト)の問題には十分な注意を必要とする。

■食品の摂取基準

  1. 穀菜食中心の原則
    マクロビオティックの食事は穀菜食が主体となる。牛、馬、豚、鶏のような動物性食品は禁止されている 。
  2. 一物全体の原則
    野菜は、根、茎、葉等の全体を摂取することが大切で、一部のみ(たとえば、根のみ)では不十分である。この原則から、精製された白米を避けて、玄米や分搗米等を摂るべきであり、精製糖は忌避されるが、黒砂糖は認められている。魚類も小魚が推奨される訳である。
  3. 水分について
    体質や病状に応じて加減する必要がある。高齢者等の場合、涸渇に対し鈍感になるので血中濃度が濃くなり、各種の梗塞を起こす怖れがあるので、常に十分な水分の補填に努める必要がある。
  4. 糖分の制限
    糖質はカロリーに転化しやすいので一日の摂取量を制限する必要がある。
  5. 塩分の制限
    高血圧、心臓病、腎臓病等の原因となるので、許容量の範囲内にとどめる必要がある。
  6. 食材の組合せ基準
    病状、体質等に応じて「マクロビオティック食事法の十段階」の組合せ基準による必要がある。

 

生活習慣に関する原則

マクロビオティックに付随する生活習慣の原則は次の通りである。

  1. 食事は1口ごとに最低30回以上咀嚼すること。
  2. 食事の量を腹8分目程度にとどめること。
  3. 間食は健常者には許容されるが、糖分に注意すること。
  4. 煙草は禁止されている。
  5. 酒類は健常者に限り、少量が許容されている。
  6. 種々なストレスに注意し、克服すること。
  7. 睡眠や休息を十分にとること。
  8. 毎日適度な運動をすること。
  9. 定期的な検診を受け、健康状態をチェックすること。

 

参考

  1. マクロビオティックには、前記のとおり各種の厳正な基準があるが、他面、これらの基準に該当しない食品や実践方法は自由に選択して差し支えない。
  2. マクロビオティックには前記したような各種の基準があるので、その実践は容易ではない。この点に対応したのが「マクロビオティック入門食品」や「マクロビオティック入門食材」である。これらは前記した各般の品質基準や選択基準等に合格したものなので、実践者にはこの利用を奨めたい。

 

マクロビオティックスタートセミナー