日本CI協会はマクロビオティックの創始者桜沢如一によって創設された日本で最も歴史のあるマクロビオティックの普及団体です。

home クッキングスクール イベントのご案内 書籍紹介 ショップ・レストラン情報 リンク アクセス お問い合せ

活動と入会案内

■会長からのごあいさつ
■概要
■理念
■沿革
■『入会のご案内』
■マクロビオティックとは
・辞書で引くと・・・
・桜沢如一・桜沢里真
・コラム
■研修制度

スタートセミナー日程



健康・病院案内

■健康相談
■定期健康講座
■病院案内

月刊マクロビオティック
食養生や料理レシピなど最新情報が満載です。

■最新号目次
■ご入会の案内
■図書館


マクロビオティックWeb

マクロビオティックWeb

マクロビオティック商品の商社オーサワ

マクロビオティック商品の商社オーサワ

リマネットショップ

 

 

マクロビオティックとは・・・

桜沢如一と桜沢里真

桜沢如一 (さくらざわ ゆきかず)

桜沢如一写真

1893年 京都市に生まれる。
1908年 肺・腸結核など多くの病気で苦しむ。
1912年 石塚左玄の食養により健康を奪回。
1913年 苦学しつつ京都府立第一商業高校卒。神戸の貿易商店に入店、実業界に活躍しながら食養運動、ローマ字運動を続ける。
1927年 社団法人「食養会」復興に専心。
1929年 「無双原理」世界観を世界に問うため、パリへ無銭旅行。以後毎年帰朝、真の人間革命、平和のため論陣をはる。
1938-40年 食養会会長。会員一万人。
1940年 大津に「無双原理講究所」開設。
1941-45年 反戦平和のため努力。
1947年〜 世界政府運動、青年教育に奮闘。
1953年 世界の人間革命のため、里真夫人とともに、まずインドへ。
1955年 東洋医学の真髄を示すため、アフリカのシュバイツァー博士を訪ねる。
1956年〜 ヨーロッパで大活躍。多数の協力者、共鳴者を得、文化活動、出版、食品製造等に着手。パリ市功労章を受く。
1962年〜 原子転換に着目、研究を開始。
1966年 永遠の世界に出発。(享年74歳)遺業の世界精神文化オリンピック開催。
  (海外では「ジョージ・オーサワ George Ohsawa」として知られる)

桜沢如一資料館サイト ⇒桜沢如一の肉声も聴けます

 

 

桜沢里真(さくらざわ りま)
1899年 4月17日、山梨県に生まれる。
1915年

和洋裁縫女学校卒業。御茶ノ水高師にて料理研究。12,3歳ごろより茶道・華道・琴・三味線・手芸など習得。その間病気がちだった。

1936年 桜沢如一(GO)の講演を聞いて感激、食養会に入会、食養に励み、健康をとりもどす。
1938年 桜沢と結婚し、食養の研究を続ける。夫の研究に協力。
1953年 「食養料理法」を夫:桜沢如一と共著で出版、享年まで毎年、版を重ねた。
同年、夫:桜沢如一と共に無双原理宣布のための長期世界旅行に出発。まずインドへ。2年間滞在。同地の料理を研究。食養料理の講習を数十回おこなう。
1955年 夫と共にアフリカを横断し、ランバレーネのシュバイツァー病院を訪ね、料理の手伝い奉仕。
1956年 ヨーロッパにわたり、夫の助手として、ベルギー、フランス、ドイツ、スエーデン、のちアメリカ、ブラジル諸国で料理指導、講習、各地で開催したPU大学で料理主任を務める。
1966年 夫:桜沢如一死去。日本CI協会会長に就任。
遺業の世界精神文化オリンピック大会を日本で開催。大会総裁を務める。
1968年 第二回精神文化オリンピック大会パリ大会に日本人87名とともに参加。
1970年 東京都渋谷区の大山町に移転。(現:日本CI・リマクッキングスクール)
1971年 「マクロビオティック料理」を出版。
1974年 同書を元にした英語版の料理書、「The of just cooking」をオータム・プレス社より出版。
東京渋谷区に移転後、東北沢リマクッキングアカデミー(現:リマクッキングスクール)にてマクロビオティック料理の指導を毎週つづけ、多数の料理指導者を育成。各地で講演、講習などをおこなう。
欧米などへのマクロビオティック・グループの旅行の団長を勤め、諸外国での行事に参加し、運動の展開に意欲的に活動した。
1999年 死去(享年100歳)