日本CI協会はマクロビオティックの創始者桜沢如一によって創設された日本で最も歴史のあるマクロビオティックの普及団体です。

home クッキングスクール イベントのご案内 書籍紹介 ショップ・レストラン情報 リンク アクセス お問い合せ

活動と入会案内

■協会からのごあいさつ
■概要
■理念
■沿革
■『入会のご案内』
■マクロビオティックとは
・辞書で引くと・・・
・桜沢如一・桜沢里真
・コラム
■研修制度

スタートセミナー日程



健康・病院案内

■健康相談
■定期健康講座
■病院案内

月刊マクロビオティック
食養生や料理レシピなど最新情報が満載です。

■最新号目次
■ご入会の案内
■図書館



マクロビオティック商品の商社オーサワ

リマネットショップ

 

 
Home月刊マクロビオティック > 抜粋記事〜今月のおすすめ記事

『月刊マクロビオティック』12月号おすすめ記事

川嶋朗特別講演会レポート

医師が語るマクロビオティック

主催:日本CI協会
協賛:株式会社ビーアンドエス・コーポレーション、海の精株式会社、オーサワジャパン株式会社

 

会場でご記入いただいた感想(一部抜粋)


大阪会場 6月26日(日)

● 詳しく分かりやすく説明していただき、納得できました。「自分の死に方を考える」「何歳まで、どんなことをして生きるか」ということがとても参考になりました。(60代・女性)
● 川嶋先生の軽妙な話術に引き込まれて時が経つもの忘れる程でした。講演の内容を実践してもっと元気な日々を過ごしたいと思います。(60代・女性)
● 自分の身体の中の水をきれいにしたいと思いました。(40代・女性)
●自分の生き方を考えさせられる時間でした。(50代・女性)
● 水の結晶の話はとても印象的でした。(40代・女性)

 

愛知会場 7月10日(日)

●「失業を目指す医師」に愛を感じました。(50代・女性)
● 風邪の話から水の話まで、身近な話で分かりやすかったです。人も地球も健康でいてほしいです。(50代・女性)
●これからも主体的に、自分の健康づくりに楽しく取り組みたいと思います。また、家族や友人にも、押し付けになら
ないように伝えたいと思います。(30代・女性)
● 川嶋先生の「あい・う・え・お」を参考に、自分の生活全般を見直して、ピンピンコロリの楽しい人生を目指します。
(40代・女性)
● 水のお話はとても感動しました。自分の体内を素敵な水の結晶でいっぱいにしたいです。(40代・女性)
● 言葉によって形が変化する水の話には、とても驚きました。(20代・女性)

 

福岡会場 8月21日(日)

● 自分の健康は自分で維持するしかないと自覚しました。(70代・女性)
●身近な言葉で説明していただき、分かりやすかったです。(60代・女性)
● 以前、水の結晶の話を知り、小学校の授業で試しました。給食のご飯を2通リ置き、一方には朝、「おはよう」「ありがとう」と声をかけたところ、甘い酵母のようなものになり、もう一方は腐ってしまいました。子どもたちと感動して、それから「ありがとう」の言葉をかけ合うようになりました。(60代・女性)
●自分で考えること、自分で選択すること、自分で行動することの重要性を教えていただきました。(30代・女性)
●「愛・感謝」という意識も持ち方で結晶を変えることに感動しました。(60代・男性)

 

宮城会場 9月18日(日)

●テンポがよく、歯切れもよく、聴きやすく内容も分かりやすかったです。(60代・女性)
● 基本的な考え方、生き方、死に方について考えさせられました。(60代・男性)
●QODにとても感銘を受けました。(50代・女性)
● 冷えや抗生物質の怖さを知ることができました。咀嚼、正しい入浴方法、湯たんぽを使った温め方も勉強になりま
した。病気にならないように日々努力します。(30代・女性)
●マクロビオティックが私たちに合っていることが再確認できて力をいただきました。依存せず、考える力を持つ大切さを改めて認識しました。(50代・女性)
● 身体を温めると良いことは聞いていましたが、リンパ球が増え免疫力が向上するためと分かり、改めて感心しました。とても有意義な時間でした。(50代・男性)
● 水の話は本で見たことがありましたが、そのときよりも感動しました。(40代・女性)

 

 川嶋先生のお話から様々な気づきを与えていただきました。しかし、気づくだけでは健康にはなれません。自分で考えて判断し、人や医者任せにするのではなく、自分で実践することが大切です。私たちが病気にならず、医者に
行かなくて済むようになることが、今の日本の危機的な状況を改善するのです。
 今回は2015年3月に東京で行った講演会の内容を、大阪、愛知、福岡、宮城の4会場で開催しました。多くの当協会会員の皆様に聴講いただきました。改めて御礼を申し上げます。

 


また、来年からは川嶋先生の連載がスタートします(3ヵ月に一度の掲載予定です)。どうぞお楽しみに!

 

【前のぺージ】【1】【2】


※この記事は「月刊マクロビオティック」で連載しています。