日本CI協会はマクロビオティックの創始者桜沢如一によって創設された日本で最も歴史のあるマクロビオティックの普及団体です。

home クッキングスクール イベントのご案内 書籍紹介 ショップ・レストラン情報 リンク アクセス お問い合せ

活動と入会案内

■協会からのごあいさつ
■概要
■理念
■沿革
■『入会のご案内』
■マクロビオティックとは
・辞書で引くと・・・
・桜沢如一・桜沢里真
・コラム
■研修制度

スタートセミナー日程



健康・病院案内

■健康相談
■定期健康講座
■病院案内

月刊マクロビオティック
食養生や料理レシピなど最新情報が満載です。

■最新号目次
■ご入会の案内
■図書館


マクロビオティックWeb

マクロビオティックWeb

マクロビオティック商品の商社オーサワ

マクロビオティック商品の商社オーサワ

リマネットショップ

 

 
Home月刊マクロビオティック > 抜粋記事〜今月のおすすめ記事

『月刊マクロビオティック』1月号おすすめ記事

第11回 マクロビオティック医学シンポジウムレポート

玄米と大麦で腸内環境を調える!

開催日:2017年11月19日(日) 会場:AP西新宿(東京都新宿区)
講演者:青江誠一郎(大妻女子大学家政学部学部長 教授) 渡邊昌(公益社団法人生命科学振興会 理事長) 小林薫音満( リマ・クッキングスクール師範科主任講師)
司会進行:河野友美(リマ・クッキングスクール師範科修了生)
主催:日本CI協会
協賛:株式会社ビーアンドエス・コーポレーション、サンスター株式会社、リマナチュラル株式会社、株式会社太田胃散、オーサワジャパン株式会社、株式会社リマコーポレーション


では腸内細菌や食物繊維と体の不調の関係ですが、脂肪が多くて食物繊維が少ないと腸内発酵が起きないで腸内環境が悪くなります( 図5)。

これは「腸内毒素」です。例えばこの毒素が肝臓に行くと脂肪肝になったり、脂肪に行けば脂肪が溜まったり、お肌の症状もこれで出てきます。毒素がたくさん出るということは、非常によくありません。食物繊維を摂ってあげると腸内発酵が起きて毒素が出なくなり、発酵産物の短鎖脂肪酸が全身に行きますので、短鎖脂肪酸はいい方向に働きます。エネルギーを消費したり脂肪をつけなくしたりしますので、腸内細菌や食物繊維が全身の不調に密接に関係していることがご理解いただけると思います。

ある地方の四季の献立から、どのくらい食物繊維を摂取しているかを調べたところ、主食から約1割の食物繊維を摂っていました。副菜から30%くらい摂っていて、あとは汁物です。副菜の中ではやはり海藻が出てきますし、納豆などが食物繊維に寄与しています。まとめになりますが、主食は麦ごはんにすると水溶性食物繊維が摂れて、玄米ですと不溶性食物繊維が摂れます。ですから組み合わせが一番いいですね。

それから、豆類を摂ると不溶性食物繊維が摂れ、野菜類も不溶性です。根菜類のゴボウなどは水溶性食物繊維が摂れます。海藻類は水溶性食物繊維が摂れます。

まずはごはんを変えてみましょう。それから根菜類、海藻類を意識すると腸内細菌のエサになる水溶性食物繊維がたくさん摂れます。便通を良くするには豆類、野菜類で不溶性食物繊維を摂ると完璧になります。すでに玄米食をされている方は、副菜の昆布などを上手に取り入れてください。そこに大麦ごはんが入ったらもっと完璧になります。

 

 

あとがき

シンポジウムの後、質疑応答を行いました。参加者からの質問のほか、パネラーや進行役からも質問が相次ぎ、ディスカッションの模様を呈しました。

今回の医学シンポジウムの内容を詳しくまとめた冊子を作成し、本誌3月号に同封して皆様にお届けするよう準備を進めています。来場された方は復習を兼ねて、来られなかった方にもより詳しく理解できると思います。今後のシンポジウムは、開催が決まり次第誌面にてお知らせいたします。今後ともご支援いただきますようお願い申し上げます。

 

アンケート

来場された方の内、67名の方にアンケートにお答えいただきました。83%の方が内容に満足との感想をいただきました。

● 大変わかりやすい 32名
● 分かりやすい 24名
● 普通・無回答 11名

 

感想

● 食物繊維についてよく理解できた。
● 大麦を使ったレシピをいただいて大収穫です。早速実践してみます。
● 食習慣を見直す良い機会となりました。
● 根拠に基づいていて分かりやすかった。
● 普段の食生活にすぐ取り入れやすい内容だった。
● 有益な話をたくさん聞けてよかった。玄米菜食を続けていこうと思いました。
● 腸内細菌の多様性を増す重要性を認識できた。とても有意義な内容だった。
● 食物繊維の本質が分かり、レシピまで教えていただきました。材料をそろえて作ってみます。

 

【前のぺージ】【1】【2】

ご購読