日本CI協会はマクロビオティックの創始者桜沢如一によって創設された日本で最も歴史のあるマクロビオティックの普及団体です。

home クッキングスクール イベントのご案内 書籍紹介 ショップ・レストラン情報 リンク アクセス お問い合せ

活動と入会案内

■協会からのごあいさつ
■概要
■理念
■沿革
■『入会のご案内』
■マクロビオティックとは
・辞書で引くと・・・
・桜沢如一・桜沢里真
・コラム
■研修制度

スタートセミナー日程



健康・病院案内

■健康相談
■定期健康講座
■病院案内

月刊マクロビオティック
食養生や料理レシピなど最新情報が満載です。

■最新号目次
■ご入会の案内
■図書館


マクロビオティックWeb

マクロビオティックWeb

マクロビオティック商品の商社オーサワ

マクロビオティック商品の商社オーサワ

リマネットショップ

 

 
Home月刊マクロビオティック > 抜粋記事〜今月のおすすめ記事

『月刊マクロビオティック』8月号おすすめ記事

木野正人氏インタビュー

「ダンスを変えたマクロビオティック」

 

 

正しく体幹を作る

 

編集部:現在はどのような活動をされているのでしょうか?

木野:僕のオリジナルの体の動かし方の理論があるんですが、正しく立つこと、正しく歩くこと、綺麗なプロポーションを維持すること、それらに繋がっていくことを指導するクラスを開いて
います。
 例えば、歳を重ねるにつれ、意識しないと徐々に姿勢が前かがみになっていきます。背筋は意識しないと伸びないので、意識して背筋を伸ばすことと正しい重心の位置を把握することが大事で、これが真っすぐの定義なんです。「真っすぐ立て」と言う人はいますが、真っすぐの立ち方を教える人はいないんですよ。あいまいなことを言うんですが、僕は明確な答えがあるんです。体が真っすぐになれば臓器も
正しい位置に収まるんです。
 僕は2本立てで講座をしています。ひとつは「運動ゼロでも美しく」という講座です。皆さんプロポーションを良くしたいから痩せたいと思うのですが、痩せるということとプロポーションを良くすることは厳密に言うと違うんですよね。要するに、短足胴長の人は痩せても短足胴長です。もちろん軽くなるので重心が上がって、太っている時よりは綺麗に見えますが、本当に綺麗なスタイルを作りたいなら、体幹の作り方を変えないとダメなんです。

編集部:それは、人それぞれ違うのでしょうか?

木野:体幹の作り方は基本的に同じなんですが、人それぞれ詰まっている部分があるので、現在の重心の位置がそれぞれ違うんです。ですから、正しい重心の位置にする方法も、腹斜筋のほうが詰まる方、腹直筋や殿でん筋のほうが詰まる方など、人によって変わります。多くの人は股関節が詰まっていますね。
 もうひとつは、ハンディキャップのある方に対して指導をしています。一般の人と同じ理屈なんですが、ハンディキャップのある方のほうが、負荷が大きいということです。まずはそれをお伝えして安心してもらいます。そして「僕みたいに歩いてみませんか?」という提案をしています。

編集部:この指導はいつから行っているのですか?

木野:僕が考える理想の体の動かし方があって、それはきっとハンディキャップのある方にも使えるなと思っていたのですが、ご近所でも辛そうに汗だくで歩いている方がいまして、こういう方にお伝えできれば、少しでも楽に歩いてもらえたらいいなと思ったんです。それで、今行なっている女性を対象にした立ち方や歩き方の講座「運動ゼロでも美しく」をしているところに提案してクラスが増えたんです。

 

自分を探求し続ける

 

編集部:現在はパーソナルトレーナーのようなことはしていないのですか?

木野:今はしていないです。こういう考え方をわかってくれる人がいたら、ぜひまたやってみたいですね。分かってもらえないと押し付けになってしまいますから。でも、すごく価値のあることを教えてあげるんですけどね(笑)。

編集部:今後は教えることがメインでご自分はダンスをされないんですか?

木野:イチローさんや三浦知良選手とも重なるんですが、人に教えるというよりも、もっと自分を探求していきたいです。人に教えるのはあまり面白くないですね。教えたくないわけではないですが、研究しながらやっていきたいという気持ちです。
 スポーツでも、コーチや監督になると現役を辞めてしまいますが、トレーニングは続けていたほうがいいと思うんです。そうでなければ分からないことや、忘れてしまうこともあると思うんです。ですから僕にとってのライブやステージは、どれくらいパフォーマンスができたか、課題が残ったか、自分を確認する場なんです。

編集部:今後はどのような活動をされていくのでしょうか。

木野:食や健康に関することもやりたいと思っています。僕のコンセプトは「歌って、踊って、着こなす」なんですね。昔から洋服が好きで、昔はアイドル雑誌でおしゃれなアイドル1位になったことがあるんですよ( 笑)。
 体のバランスのことも重要なので、自分と洋服と一体化して表現するということをやってみたくて、モード界に興味があります。バラバラのように感じるかもしれませんが、僕からするとひとつのことをカテゴリーに分けているだけで、すべて繋がっているんです。

編集部:今後の活躍を期待しています。当協会でもお話しいただけますか?

木野:ぜひ、お話しさせてください。楽しみにしています。

 

きの まさと

Dance Artist&Singing Performer&Choreographer
フォームメカニズムディレクター、元ジャニーズ事務所
所属、元CHA-CHAメンバー
<略歴>BBA(L.A. 最大のエージェント)オーディション合格(合格率1%)。ユニバーサル・ミュージック主催「ビージーズ記念イベント」にメインパフォーマーとして出演。マイケル・ジャクソン VIP PARTYにゲストパフォーマーとして出演。チアリーディングチームJAL Cupの振付を担当し、コーチとして指導。歌手・田原俊彦の振付・ステージングを担当。Dance指導歴はSMAP、瀬戸朝香、中西圭三、グレートチキンパワーズなど多数。オリジナル理論「スポーツダンスディレクションズ〜フォームメカニズム」をプロ野球選手・Jリーガー・プロゴルファー等に指導。2016年芸能生活30周年を迎えてもなお、ソロパフォーマンスライブを開催中。2017年からオリジナル理論に基づく講座「運動ゼロでも美しく!」「バランスがとりにくい方のための体幹ウォーク」講座を開催中。

 

【前のぺージ】【1】【2】

ご購読